柳沢 正史  Masashi Yanagisawa, MD PhD

1985年 筑波大学医学専門学群 卒業
1988年 筑波大学大学院博士課程 修了
1989年 筑波大学基礎医学系薬理学講座 講師
1991年 京都大学医学部薬理学第一講座 講師
1991年 テキサス大学サウスウェスタン医学センター 准教授
1991年 ハワード・ヒューズ医学研究所 准研究員
1996年 テキサス大学サウスウェスタン医学センター 教授
1996年 ハワード・ヒューズ医学研究所 研究員
2001年 ERATO 柳沢オーファン受容体プロジェクト 責任者
2010年 筑波大学分子行動科学研究コア教授 FIRSTプログラム中心研究者
2012年 WPI 国際統合睡眠医科学研究機構 機構長

In 1988, Masashi Yanagisawa discovered endothelin that plays on the cardiovascular system. Ten years later, his team identified orexin as an orexigenic neuropeptide. Next year, he reported orexin-deficient mice showed narcoleptic phenotypes. Yanagisawa further succeeded in the identification of the endogenous ligands for GPR103 and GPR7, which are involved in the regulation of appetite, blood pressure and emotion.

Over 10 years of orexin research has convinced Yanagisawa that his team have to boldly take new approaches to gain fundamental insights on the mechanism of sleep/wake regulation. They carry out a large-scale forward genetic screen in a mutagenized cohort of mice, looking for new genes directly responsible for sleep/wake regulation. Their approaches include real-time visualization and manipulation of the activity of multiple neurons within the sleep/wake regulatory circuits in freely behaving mice. In a translational front, they aim at discovering and developing orexin receptor agonists in order to treat narcolepsy and other conditions associated with excessive sleepiness.

Awards

2016   紫綬褒章
2015   Walter B. Cannon Memorial Award      American Physiological Society
2013   高峰譲吉賞      日本心血管内分泌代謝学会
2006   Outstanding Scientific Achievement Award      Sleep Research Society
2003   Bristol-Myers Squibb Achievement Award in Cardiovascular Research
2001   Special Recognition Award      Sleep Research Society
2001   The Jacobæus Prize      Novo Nordisk Foundation
2000   塚原仲晃記念賞      ブレインサイエンス振興財団
1999   Amgen Award      American Society of Biochemistry and Molecular Biology
1998   J.J.Abel Award      American Society of Pharmacology and Experimental Therapeutics
1998   Medical Research Award      Robert J. and Claire Pasarow Foundation
1998   Novartis Award      American Heart Association
1998   Kilby Award  Kilby Awards      International Awards Foundation

柳沢教授は1988年に筑波大学において心血管系に重要な役割を果たすエンドセリンを発見しました。10年後に食欲促進効果を持つ神経ペプチドとしてオレキシンを報告し、翌年オレキシンの欠損によりナルコレプシー様症状を呈することを示しました。さらに、オーファンGPCR受容体のリガンド同定に取り組み、GPR103やGPR7のリガンドを同定しました。これらの神経ペプチドがエネルギー代謝やストレス、喜怒哀楽の感情制御などに重要な役割を果たしていることを明らかにしました。

10年以上、オレキシン研究を通じて睡眠・覚醒という問題に取り組み、睡眠・覚醒制御の根本に迫るためには全く新しいアプローチが必要である考えるようになりました。当研究室では、ランダム点突然変異を持つマウスの睡眠異常をスクリーニングし、樹立した睡眠異常家系の解析から、新規睡眠制御分子を同定するというフォワード・ジェネティクス研究を推進しています。また、電気生理学手法、in vivoイメージングによるリアルタイムでの神経活動の可視化にも取り組んでいます。さらに、オレキシン受容体を標的とした創薬研究も行っています。