ScienceSleep

REM sleep behavior disorder

Increasing attention has been paid to REM sleep behavior disorder (RBD) as a prodromal marker of Parkinson’s disease and related neurodegenerative diseases. To develop a good animal model of RBD is crucial for understanding the pathophysiology of RBD and developing a therapeutic intervention for it. Based on our hypothesis that disrupted glycinergic system underlies RBD symptoms, we have systematically examined Glra1-modified mice using Cre-loxP system. We then succeeded in developing RBD model mice.

レム睡眠行動障害(RBD)は、レム睡眠中に夢体験と同じ行動を取る病気で、殴る蹴るなどの暴力的行動を取ることもあります。レム睡眠行動障害は、パーキンソン病等の神経変性疾患の前駆症状としても注目されています。私たちは、レム睡眠行動障害の動物モデルを開発しようと抑制性神経伝達物質であるグリシン系に着目した遺伝子改変マウスを作製し、レム睡眠行動障害モデル動物の開発に成功しました。新規治療法開発に役立つ有用な動物モデルです。

上の図では、野生型マウスでの、特定神経集団(赤)におけるグリシン受容体(緑)の局在を見ています。遺伝子を改変して、この局在に変化を生じさせることでRBD様の異常行動をしめすようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。